> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
カテゴリ:未分類( 73 )
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
 北海道小樽の冬をキャンドルの灯で彩る「第12回小樽雪あかりの路(みち)」が5日、市内約45カ所で始まり、計14万本のろうそくに火がともされた。期間は14日までの午後5時〜9時。

 小樽運河では、ろうそくを入れたガラスの浮き球約400個が浮かび、幻想的な光景を作り出した。実行委員会は「昼は札幌で雪まつりを見て、夜は小樽で雪あかりを楽しんで」とアピールしている。【坂井友子】

制服 警官エンブレム偽造の2容疑者逮捕 茨城(毎日新聞)
<拉致問題>安倍政権下で水面下の交渉 市民集会で元秘書(毎日新聞)
「1Q84」続編、4月16日発売=初版で50万部−新潮社(時事通信)
火災 木造住宅全焼、男女2人が死亡 東京・練馬(毎日新聞)
<低額宿泊所運営>「FIS」の3人在宅起訴 所得税法違反(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-11 02:59
「幻のチョコレート」日本初上陸 新宿で限定販売開始(産経新聞)
 限られた人にしか販売しないため「幻のチョコレート」といわれる米国の「イヴァン・ヴァレンティン」が日本に初上陸し、5日、新宿区新宿の新宿マルイ本館で販売が始まった。

 販売会社によると、このチョコレートはロサンゼルスにアトリエを構えるパティシエのイヴァン・ヴァレンティン氏が材料や製法にこだわり手作りしているもの。顧客は故マイケル・ジャクソンやジョディ・フォスターら有名人や、5つ星ホテルなどで、一般人は紹介がないと購入できないという。

 ヴァレンティン氏が世界有数のグルメ都市である東京での販売を希望したことから初上陸となった。

 この日は開店前から十数人の女性客が列を作った。女性会社員(31)は「ネットで話題で、自分へのごほうびに楽しみにしていました。じっくり味わいます」と話していた。

 味は「ダーク」「プラリーヌ」など4種類で、口溶けがよく、ほどよい甘みが特徴。販売は7000個限定。価格は2個1480円、6個3600円、12個6500円、24個1万2400円。

【関連記事】
女子アナのバレンタインデーは?
どっちのチョコが欲しい?Wで食べたい北川景子&益若つばさ
女同士の友チョコが人気 「告白」より気軽さ求め
バレンタインに…チョコ原料の焼酎「ロックがお薦め」
的場浩司プロデュースの新作スイーツ発表

政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
<ドコモ>関東甲信越で通信障害 FOMAの通話途切れる(毎日新聞)
タミフル服用後死亡で請求棄却=17歳亡くした父、医薬品機構訴え−岐阜地裁(時事通信)
ペット飼育小屋火災、犬70匹焼死…奈良(読売新聞)
押尾被告の保釈請求を却下(産経新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-10 04:10
<センバツ>入場行進曲を録音 バラード曲がマーチに(毎日新聞)
 兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で3月21日に開幕する第82回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の入場行進曲「My Best Of My Life」が2日、大阪府高槻市の高槻現代劇場で録音された。大阪市音楽団が演奏した。

 「Superfly(スーパーフライ)」のスローテンポなバラード曲が編曲によって約4分30秒のマーチに生まれ変わった。編曲を担当した酒井格(いたる)さん(39)は「ハーモニーが美しい曲。行進する『最高(ベスト)』の思い出に彩りを添えられればと思う」と話した。

 行進曲はCDにして出場選手や学校に配るほか、一般にも3月下旬に限定販売する予定。問い合わせは毎日新聞大阪本社事業部(06・6346・8371)。【平川雅恵】

<相場操縦>容疑の元社員に課徴金 証取監視委が勧告(毎日新聞)
寛仁親王殿下、不整脈でまたご入院(産経新聞)
倒れた妻、12歳の息子と介護…保険制度の歪み訴え 松本方哉さん(産経新聞)
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)
黒澤明財団、寄付金どこに? =3億8800万円、記念館計画−佐賀・伊万里市(時事通信)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-09 10:03
<糖尿病移植治療>拒絶反応を抑制…マウスで成功(毎日新聞)
 膵臓(すいぞう)の膵島(すいとう)細胞を移植した後に起きる拒絶反応を抑えることに、福岡大と理化学研究所の共同チームがマウス実験で成功した。膵島細胞に多く含まれるたんぱく質「HMGB1」が移植先の免疫を活性化させてしまうことが拒絶反応の主な原因で、HMGB1の抗体を投与すればこれを抑えられることを突き止めた。

 膵島細胞は血糖値を下げるインスリンを分泌する働きがあり、膵島細胞の移植は、重度の糖尿病治療で有効。しかし、24時間以内に移植細胞の約6割が拒絶反応で破壊されるため、拒絶反応抑制が課題になっている。研究結果は、1日付の米医学誌「ジャーナル・オブ・クリニカル・インベスティゲーション」電子版に掲載された。

 福岡大医学部の安波洋一教授らは、膵島細胞の移植後、HMGB1が大量に放出される現象に着目。HMGB1の血中濃度が上がると、免疫作用を持つインターフェロン・ガンマも増加する一方、HMGB1抗体を投与すれば、破壊される細胞は約15%にとどまることが分かった。移植効率は約4倍に改善したという。【阿部周一】

【関連ニュース】
糖尿病:中年の3人に1人誤解「肥満でないからならない」
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査
糖尿病講座:(20)運動療法の進め方
糖尿病講座:(21)経口血糖降下薬治療
糖尿病

<センター入試>追試験 最多は数学(1)640人(毎日新聞)
コインパーキング 精算機また盗まれる 大阪府内、3カ月で約30件(産経新聞)
保釈の石川知裕被告、無言で一礼(産経新聞)
収賄容疑で前福岡県副知事の逮捕状請求(読売新聞)
パソコン、デジカメ購入か=大学院教授の不正経理−山口大(時事通信)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-08 16:25
この男に見覚えは?振り込め「出し子」公開(読売新聞)
 神奈川県警捜査2課は1日、振り込め詐欺事件の現金の引き出し役「出し子」として、男2人の画像を公開した。

 コンビニ店内の現金自動預け払い機(ATM)で現金を引き出す際に防犯カメラが撮影した画像で、同課は情報提供を呼びかけている。

 発表によると、1人は40歳くらいで野球帽を着用。何者かが横浜市内の70歳代の男性に架空の貸金業者と偽って融資申込書を郵送し、保証金などと偽って振り込ませた計86万円を昨年1月、同市内のコンビニのATMなどで引き出したとしている。

 別の男は、30歳くらいでスポーツ刈り。何者かが同市内の70歳代の男性に、男性の次男を装い「会社の金が入ったカバンをなくした」などと偽って振り込ませた計155万円を都内のコンビニ内のATMで昨年5月、引き出したとされる。

 野球帽の男は08年11月〜09年9月までの間に総額約1300万円(計10件)、スポーツ刈りの男は同年5〜6月の間で約500万円(計3件)を引き出したとみて、同課が行方を追っている。

グアムを中旬に視察=普天間検討委(時事通信)
財布の残金は数千円=木嶋容疑者が抜き取りか−連続不審死・埼玉(時事通信)
<大阪パチンコ店放火>「絞首刑は残虐で違憲」弁護側主張へ(毎日新聞)
小学生は科学用語の要点が苦手(産経新聞)
あれは「戦場」そのものだった 加藤被告は硬い表情のまま(産経新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-07 17:24
<鳩山首相>「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝(毎日新聞)
 鳩山由紀夫首相は30日夕、甲府市内で講演し、首相自身と民主党の小沢一郎幹事長の「政治とカネ」の問題に関し、「小沢幹事長が最近、あいさつの冒頭で必ず『お騒がせしております』と話しているようだが、お騒がせしているのは代表(首相)であり、幹事長です。ご迷惑、ご心配おかけしていることを心からおわび申し上げます」と陳謝した。

 小沢氏の問題で首相が陳謝したのは初めて。首相はその上で「使命感に燃えて仕事をしないといけない」と述べ、10年度予算案の成立に全力を挙げる考えを強調した。【鈴木一也】

【関連ニュース】
鳩山首相:山梨に地方行脚
鳩山首相:官邸に来ませんか…ブログで国民招待
鳩山首相:施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず
鳩山首相:2人目の孫、モスクワで男児誕生
鳩山首相:普天間継続使用を否定

【健康】治らない「胃痛」 薬は症状に合わせて服用を(産経新聞)
<脅迫>首相官邸と小沢氏事務所に銃弾?送付(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・清湖口敏 白川静に学ぶ「人間学」(産経新聞)
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か−静岡県警(時事通信)
<認知症予防>青魚で効果 島根大グループが実証(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-06 20:43
民家の玄関先、へその緒ついた乳児置き去り(読売新聞)
 30日午前7時40分頃、東京都大田区大森西2の民家の玄関先に、毛糸のセーターとタオルケットにくるまれた生後まもない乳児が置き去りにされているのをこの家の主婦が発見し、夫が119番した。

 警視庁大森署幹部によると、乳児は女の子で、体がきれいに洗われ、へその緒がついたままだった。けがはなく、命に別条はないという。同署は、乳児の親と置き去りの目撃者を捜している。

小沢氏、続投に改めて意欲(産経新聞)
NYタイムズ「命に関わる問題軽視」 トヨタ、米メディアから「大逆風」(J-CASTニュース)
江戸川区が全校に読書科新設へ(産経新聞)
覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件−昨年の密輸取り締まり(時事通信)
ダンプ運行会社を捜索=特急衝突事故で−北海道警(時事通信)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-06 01:22
<陸山会土地購入>石川議員、政治献金800万円記載せず(毎日新聞)
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=が同会事務担当者だった04年ごろ、東京都内の水産会社社長側から約800万円の政治献金を受領しながら、政治資金収支報告書に記載していないことが分かった。石川議員は陸山会への寄付金だったにもかかわらず、小沢氏の関連政治団体によるパーティー券収入に偽装したという。

 石川議員は東京地検特捜部の調べに対し偽装処理を認めている模様で、石川議員による違法な会計処理がまた明らかになった。

 関係者によると、水産会社社長は04〜07年、毎年それぞれ114万〜140万円を陸山会に個人献金して同会の収支報告書にも記載されているが、社長側はこれら記載分以外に04年ごろ、計約800万円を寄付。しかし石川議員は、自らが会計責任者を務めていた小沢氏の関連政治団体「小沢一郎政経研究会」のパーティー券収入として会計処理した。

 1回のパーティーにつき購入額が20万円を超えると政経研究会の収支報告書に個人名を記載しなければならないため、20万円以下の小口購入を装って分散して処理したという。

 政経研究会の収支報告書によると、石川議員が同会の会計責任者を務めた00〜04年、計約6億9500万円のパーティー券収入があり、このうち約92.8%の計約6億4500万円は20万円以下の小口購入者だった。石川議員は逮捕前、毎日新聞の取材に「偽装していない」と否定する一方、「そんな話(パーティー券収入の偽装処理)で立件されるなら、1億円ぐらいのパーティー収入がある人は皆捕まるのではないか」と述べ、同様の偽装処理が広く横行しているとの認識を示した。

 水産会社には昨年12月24日に文書で取材を申し込んだが、3日までに回答はなかった。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:大久保秘書、虚偽記載関与認める供述
陸山会事件:「4億円は関連団体側から」小沢氏認める
陸山会事件:水谷に5000万円出金伝票
陸山会土地購入:石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁
陸山会土地購入:石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ

普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承(医療介護CBニュース)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
新幹線、3時間半ストップ=新横浜〜小田原間で架線切れ−JR東海(時事通信)
加藤被告の“償い”は「理由」を話すこと…アキバ無差別殺傷事件初公判(スポーツ報知)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-05 03:35
<iPS細胞>米ベンチャーが作成特許…海外で初の取得(毎日新聞)
 米ベンチャー企業アイピエリアンは28日、さまざまな細胞になるヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作成に関する特許を英国で取得したと発表した。再生医療をめぐる主導権争いが激しくなりそうだ。

 英科学誌ネイチャーによると、各国の研究機関から75件以上の関連特許が出願されている。すでに認められたのは、山中伸弥・京都大教授の開発に基づく日本での特許のみ。無審査の南アフリカを除き、海外でiPS細胞関連の特許が成立したのは初めて。

 同社によると、今回の特許は、出生後のヒトの細胞に三つの遺伝子を導入して作ったiPS細胞。バイエル薬品(大阪市)が開発し、親会社が特許の権利をアイピエリアンの前身アイズミ・バイオに譲渡した。【須田桃子】

【関連ニュース】
神経細胞:皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国
ES細胞:がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見
iN細胞:iPS細胞を開発した山中伸弥・京都大教授の話
放医研:iPS細胞に変化の瞬間をキャッチ 世界初の成功
理系白書’10:挑戦のとき/20 アスビオファーマ副主任研究員・服部文幸さん

七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ(産経新聞)
犯罪見逃さぬ制度を=死因究明研究会スタート−警察庁(時事通信)
鳩山首相、貴乃花親方の理事当選に「新しい風」(産経新聞)
<鳩山内閣>「協議の場」設置法案に地方側反発(毎日新聞)
<延岡市長選>首藤正治氏が再選(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-04 04:50
「結婚したら尽くします」=サイトで「家庭的」演出−交際後に金無心・木嶋容疑者(時事通信)
 高級外車、フランス料理学校、高層マンション―。埼玉県警に殺人容疑で再逮捕された木嶋佳苗容疑者(35)はぜいたくな暮らしを続けながら、インターネットの結婚紹介サイトを通じて男性に接近、「結婚したら尽くします」などと持ち掛けていた。捜査関係者によると、結婚紹介サイトで「学生」や「ヘルパー」などの肩書きを使い分けて自己PR。「料理上手」「家事が得意」などと家庭的な女性を演出していた。不審死を遂げた4人を含む複数の男性に接近し、計約1億円を受け取っていたことが判明している。
 酪農が盛んな北海道東部の別海町で育った。同級生の母親は、大人びた性格と月3万円の高額の小遣いが印象に残っていると話す。高校卒業後の1996年、東京都内の私立大に入学。しかし、1年通わず除籍処分となった。その後は都内を転々とし定職に就いた形跡もない。2006年まで入居していた板橋区のマンション管理人は「印象が薄い」と振り返った。
 生活が一変したのは08年ごろ。同区内の別のマンションへ転居した後、滞納気味だった家賃の支払いは滞らなくなった。高級外車2台を続けて購入、東京・代官山のフランス料理学校に通い、高級ホテルやレストランで食事をした後、優雅な暮らしぶりを自分のブログに書き込む毎日が続いた。
 昨年8月には家賃22万円の豊島区の高層マンションに転居。「クレジットカードの分割払いを使い頻繁に買い物をしていた」(埼玉県警捜査幹部)とされる。
 中学の卒業文集には「出逢いを大切にしていきたい」とつづった。しかし、温かい家庭を築きたいという男性に金を無心し続けた疑いが強い。ぜいたくな生活に金は消え、「逮捕時、銀行口座に残金はほとんどなく、家賃も支払えないほど窮していた」(同)という。 

【関連ニュース】
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い
組幹部殺害容疑で男再逮捕=金銭トラブルが背景か
事件当日も行動をマーク=捜査員が女のアパートに
意識もうろうで川へ=被害男性に薬物か
処方薬、検出成分と一致=走行記録、販売日誌も分析

岐阜・中津川の家族6人殺傷、2審も無期判決(読売新聞)
<小沢事務所>別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
<警報・注意報>気象庁、5月27日から市区町村単位で発表(毎日新聞)
<鳥取不審死>上田容疑者、派手好きで子煩悩(毎日新聞)
<河村名古屋市長>地域委員会投票率「2〜3割あれば」(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-02-03 05:43
   

家庭教師の私の仕事や日常を綴ったブログです。
by i3lhdvondv
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧