> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
鈴木俊一氏に最後のお別れ 東京都葬 石原知事らが弔辞(産経新聞)
 今月14日に99歳で亡くなった元東京都知事の鈴木俊一氏の東京都葬が28日、港区の都立青山葬儀所でしめやかに営まれた。石原慎太郎知事や、親交があった奥野誠亮元衆議院議員ら約250人が参列し、今日の地方自治の礎を築いた故人との最後の別れを告げた。

 祭壇には都知事2期目に撮影された写真が遺影として飾られ、会場内には鈴木氏をしのぶ平成5年7月の「都政施行50周年記念式典・式辞」のビデオ映像が流された。

 全員で黙祷(もくとう)後、葬儀委員長を務める石原知事が式辞で、「ご遺影の前に『地方自治の巨星墜つ』との感慨深く、悲しみが胸に迫ってまいります。明治、大正、昭和、平成という激動の時代を駆け抜け、東京と日本の地方自治の発展を一途に求め、生涯を都民、国民のためにささげられた。その遺産は末永く後世に引き継がれることでしょう」と述べ、別れを惜しんだ。

 また、鈴木氏が内務省に勤務していた時代の後輩にあたる奥野氏は「戦争に敗れ、東京は焼け野原になったが、オリンピックまで東京で開催された。あなたのおかげで大成功した。100歳を前に亡くなられたことは惜しいことであるが、貴方の人生はすばらしいものでした。今は静かに心身を休めてください。さようなら」と追悼の辞を述べた。

 葬儀式には、綿貫民輔元衆議院議員、加藤紘一衆議院議員、中山義活衆議院議員らも参列。昭和57年のパリ市長時代に東京と姉妹都市関係を結んだ前フランス大統領のジャック・ルネ・シラク氏の弔辞をフィリップ・フォール仏駐日大使が代読で読み上げた。

【関連記事】
自民党立て直しへ政策集団 東北の落選議員4人が「志士の会」
石原知事「あのまま鈴木さんが知事だったら…」
鈴木元都知事の都葬は青山葬儀所で
地方自治の生き証人 鈴木氏死去 五輪、都庁移転で手腕
自民・岩手県連新会長に鈴木氏
iPadが上陸

鮮やか4千本「昇り藤」 大阪・万博記念公園(産経新聞)
事業仕分け 「宝くじ発売中止」を撤回(産経新聞)
<タクシー火災>男性の死因は焼死 神奈川県警が発表(毎日新聞)
<参院選>過半数割れなら首相退陣も 渡部恒三氏(毎日新聞)
<覚せい剤>のみ込んで密輸、ナイジェリア国籍の容疑者起訴−−千葉・成田(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-05-29 17:47
赤切符誤処理、違反講習費1300万円返還(読売新聞)
 山梨県警が2007年〜08年に南アルプス市と中央市を結ぶ自動車専用道路「新山梨環状道路」で速度違反の取り締まりをした際、「交通反則切符」(青切符)で処理すべき250人の違反者を、誤って刑事罰の対象となる「交通切符」(赤切符)で処理した問題で、県警が誤処理の対象となった違反者に対し、違反者講習の手数料など計約1300万円を県費で返還することがわかった。

 県は6月県議会に提出する一般会計補正予算案にこの費用を盛り込む。

 約1300万円の内訳は、違反者講習の手数料が約300万円、講習に伴う交通費や仕事を休んだ場合の補償などが約1000万円。

 横内知事は19日、記者団に対し、県警が近く、誤処理に関係した県警職員に6月支給のボーナスを減額するなどの処分を下す方針を明らかにし、「誤った処理によって本来払う必要がなかった損害賠償を払わなければいけないのは、大変遺憾な事態だ」と語った。

 誤処理による赤切符で罰金の略式命令を受けた243人については、検事総長が救済のために行う「非常上告」を行い、最高裁で略式命令を破棄する判決が言い渡された人に順次、甲府区検から罰金が返還される。

経営形態の見直しを提言=総務省の郵政専門委(時事通信)
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
村井長野知事 1期限りで引退表明…田中康夫氏破り初当選(毎日新聞)
<口蹄疫>消毒薬製造 製薬会社は対応に追われる(毎日新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-05-21 19:10
県民性、宮城は球団LOVE 広島は人情、福岡と大阪は方言(産経新聞)
 リクルート(東京都)がインターネット上で実施したアンケート調査で、広島県民の約半数が自らの県民性について「義理人情に厚い」と考えていることがわかった。また、方言や野球、サッカーなどの地元球団に対しては、全国でもトップレベルの愛着を感じていることも明らかになった。

 調査は、全国の20〜69歳の男女を対象に、18歳まで最も長く住んだ都道府県を「ご当地県」として、全国4681人を対象に質問を行った。

 この結果、県民性についての回答で、広島県では「義理人情に厚い」が全体の49%が最多で、「まじめ」(47%)、「伝統を大事にする」(44%)が続いた。鳥取、島根、岡山、山口の4県では、「まじめ」がもっとも多く、中国地方では、県民が自分たちをまじめととらえる傾向が明らかになった。

 一方、地元への愛着についての質問では、36%が「とても愛着を感じる」と回答し、全国では20位。中国・四国地域では、愛媛県(16位)に次いで2番目に高かった。

 テーマ別にみると、「方言・なまり」に愛着を感じると答えた回答が44%とトップで、全国でも福岡県(48%)、大阪府(47%)などに続き4位。「野球やサッカーなどの球団」に愛着があるのは宮城県(42・6%)に次いで全国2位の33%。プロ野球・広島カープやサッカー・サンフレッチェ広島への高い愛着が示された。

【関連:県民性あれこれ】
奈良県民はネット犯罪に強い? 弱いのは…
福井県の苦悩 豊かでも希望持てぬ子供たち
1人当たりの医療費 広島52万円 沖縄33万円
民主ブランド不発、心とらえた「地方復活」 宮城県知事選
地デジ普及率に県民性? おおらか沖縄37・1%

<雑記帳>サクランボ 母の日を前に出荷に追われる 秋田(毎日新聞)
山口市・月輪寺 重源上人の焼き物完成 5日に供養祭(毎日新聞)
「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚−奈良(時事通信)
喀痰吸引、PTやOTなど4職種も可能に―厚労省が通知(医療介護CBニュース)
小沢氏「ワインをごちそうになっただけ」 ルース米大使との会談認める(産経新聞)
[PR]
by i3lhdvondv | 2010-05-13 13:13
   

家庭教師の私の仕事や日常を綴ったブログです。
by i3lhdvondv
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧